無事故推進委員会
We must learn to live together as brothers or perish together as fools.

なぜシートベルトが必要なのか

2018年06月12日 火曜日 11時00分  in  危険予知運動(KY)

最終事故は3/7。無事故記録は本日無事故で97日。
もうシートベルトの着用は習慣化されていると思いますが、ほんの少しの移動の時は正直面倒と思ったりしませんか?しかしシートベルトが無ければ万が一に備えることは出来ないのです。成人男性が手足で支えられる過重は体重の2~3倍だそうで、その過重は時速にすると約7キロメートル時の衝撃に相当するといいます。つまり、アクセルを踏み込み、速度が7キロメートルを超えた時点で自分の身を自分で守ることは不可能になるという事です。だから少しの移動であってもシートベルトが必要なんですね。


この記事をTwitterでつぶやく

最終事故は3/7。無事故記録は本日無事故で96日。
よそ見の原因の多くは、タバコを吸っている時よりも、タバコを探したり火をつける時など、対象物を探す動作なんだそうです。他にもカーステレオを操作するとき、缶コーヒーを開けるときなど、ほんの一瞬のように思えるこれらの動作、慣れていたとしても最低2~3秒かかり、その間はほとんど前方を注視できません。ちょっとした動作が大きな事故を招くかもしれないことを自覚し、安全運転を心がけましょう。

Previous Entry

最終事故は3/7。無事故記録は本日無事故で98日。
これまで全く事故のない方と、何回か事故を起こしてしまった・巻き込まれてしまった方、なぜこういう差が生まれるのでしょうか?みなさんも考えてみるべきです。自分はどっちだろうかと...そして事故のない方はなぜ自分はこれまで事故がないのか、事故の多い方もなぜ自分に事故が多いのかをシッカリ考えてみて下さい。

Next Entry

Archives