無事故推進委員会
We must learn to live together as brothers or perish together as fools.

気持ちの乱れが事故を呼ぶのかもしれない

2018年02月03日 土曜日 11時00分  in  危険予知運動(KY)

最終事故は12/28。無事故記録は本日無事故で37日。
以前に「貰い事故は防げるか?」という議論がありました。こればっかりは仕方ない..という意見が多かったのですが、実は貰い事故であろうともある程度は予測によって防げるのです。例えば車間距離やブレーキングの仕方などで...自分の前に車間距離を多めにとり早めにブレーキランプで後ろに知らせるなどすると追突は激減します。皆さんはプロのドライバーです。深呼吸などをして気持ちを落ち着かせましょう。冷静に周囲の状況に目を配り危険回避を行いましょう。


この記事をTwitterでつぶやく

最終事故は12/28。無事故記録は本日無事故で36日。
バイクや自転車は小さいだけに、トラックの死角にすっぽり入ります。走行中ちらっとバックミラーやサイドミラーを見ただけでは、その死角にバイクや自転車がいるかどうかを判断するのは非常に困難です。スピードを落とすか停止するかなど行い、マメに安全を確認しましょう。

Previous Entry

最終事故は12/28。無事故記録は本日無事故で39日。
交通事故の起こる要因の多くは注意力の欠如です。ではなぜ注意力が欠如するのか?考えてみると意外に単純な理由だったりするのです。例えば..疲労・睡眠不足・よそ見など...疲労や睡眠不足は、充分な睡眠を取れば改善できますね。よそ見はタバコや携帯電話や伝票など、ついついチラッと見てしまう為に起こる行為なので、できれば「運転席のそばに置かない」「運転中は見えないようにする」など、よそ見をしない対策を考えましょう。

Next Entry

Archives